デザイン力と住みやすさで比較!桑名市でおすすめの注文住宅業者

目的別に選べる!桑名市の注文住宅ガイド » 理想の家づくりのための基礎知識集 » 注文住宅の種類と工法について

公開日: |最終更新日時:

注文住宅の種類と工法について

注文住宅のつくりは、木造・鉄骨造・鉄筋コンクリートの3種類です。そして、それぞれに適した工法があります。注文住宅の構造・工法について説明しています。

木造

日本の高温多湿な風土に適した住宅づくりに古くから採用されてきたのが木造住宅です。また、日本の住宅のほとんどが木造住宅です。この木造住宅を建てるときの主な工法には、従来の軸組工法とツーバイフォー工法があります。

従来軸組工法

日本の伝統的な木造住宅の工法が、木造軸組工法です。この軸組工法は、柱と梁で骨格を組み立てる方法で、斜めにとめる金塊や接合部に金属を使用し強度を高めます。こだわりの木造住宅を建てたい方に向いている工法といえます。

ツーバイフォー工法

従来軸組工法以外の木造づくりに、ツーバイフォー工法があります。このツーバイフォー工法は、19世紀アメリカで開拓者たちが広大な大地に居住することために誕生しました。2インチ×4インチの角材を組み合わせて家を建てることが名前の由来です。この工法では、床・壁・屋根で形成される6面体で住宅を支えます。

鉄骨造

建物の骨組みに鉄骨を用いた建築物が鉄骨造です。そして、その鉄骨の厚さで重量鉄骨造と軽量鉄骨造に分けられます。厚さが6mm以上の鉄骨を使用するものを重量鉄骨造といいます。建物の仕様を考え、重量鉄骨造と計量鉄骨造の選択をするとよいでしょう。

重量鉄骨造

重量鉄骨造は、厚さ6mm以上ある鋼を使用するために丈夫な構造に仕上がります。そのために、広い間取りの部屋を設計することが可能です。しかし、重い鉄骨に耐えられる地盤や基礎を形成が不可欠です。そのために、工期が長引くことが一般的です。

軽量鉄骨造

軽量鉄骨造は、厚さが6mm未満の鋼で構造を作ります。そのために、重量鉄骨造の住宅のように広い間取りの設計は難しいですが、地盤や基礎は大規模に作る必要はありません。そのために、重量鉄骨造のように工期が長引きません。

鉄筋コンクリート造

鉄筋コンクリート造は、鉄筋とコンクリートの利点を併せ持つ構造です。すなわち、鉄筋は引張力に強く、圧縮利器に弱いという特徴があります。逆に、コンクリートは圧縮力に強く、引張力に弱い。この性質をうまく活用したのが鉄筋コンクリート造といえます。躯体がコンクリートで覆われているために防火性・防音性に長けています。地震の多い日本では耐震性に注意が必要ですが、鉄筋コンクリート造は耐震性にも比較的に優れています。

※インスタのフォロワー数は2020年1月15日時点のもの。

       

桑名市に対応している38社のハウスメーカー・工務店を徹底調査。そのなかで特にデザイン性と住みやすさを追求している注文住宅会社3社を厳選してご紹介します。

桑名市のおすすめ注文住宅会社3選へ