デザイン力と住みやすさで比較!桑名市でおすすめの注文住宅業者

目的別に選べる!桑名市の注文住宅ガイド » 理想の家づくりのための基礎知識集 » 家事動線を意識した間取りとは

公開日: |最終更新日時:

家事動線を意識した間取りとは

せっかく家を建てるなら、家事も楽にこなせる家にしたいと考える方も多いでしょう。そこでこの記事では、家事動線を意識した間取りのポイントについてまとめました。

家事動線を意識した間取りのポイント

家事をスムーズにする間取りのポイントをご紹介します。ぜひ家を建てる際に参考にしてみてください。

キッチンはコンパクトにまとめる

家事といえばまずキッチンですが、その広さも大きなポイントになってきます。あまりに広いキッチンだと、無駄に動くことになってしまうため効率的とはいえません。調理器具を出す、冷蔵庫から食材を出す、食器を出して盛り付けるといった動作が無駄なく行えるように配置するのが重要です。

そのためには、ある程度コンパクトにまとめるのがポイント。家電や食器棚を置くスペースを考えながら、広すぎず、狭すぎないキッチンをつくると毎日の料理がしやすくなるはずです。

水まわりは回遊動線を意識する

キッチンとランドリー、洗濯物を干す場所をできる限り近くに配置することもポイントです。家事を効率的に済ませたいと思ったら、洗濯機を回している間に料理など他の家事を進めたい、と考える方もいることでしょう。

そんな時、キッチンとランドリーの距離が近いと非常に便利です。さらに、ランドリーと洗濯物を干す場所が近いと、スムーズに家事を進められます。また、行き止まりを作らない回遊動線を意識した間取りにすると、より移動が楽になります。

他にも、洗面所やトイレ、お風呂なども近くにまとめておくと便利だといえるでしょう。

玄関とキッチンの位置を近くする

勝手口を作らない場合には、玄関からキッチンが近いのも非常に効率的です。例えばゴミ出しの時や買ってきた食材を冷蔵庫に入れるなど、ものを運ぶのが楽になります。また、買い物したものを保管しておくパントリーを作るときにも、玄関からキッチン、パントリーまでを一直線でつなげるようにすると、ものを収納するときにスムーズに動けるはずです。

ファミリークローゼットを設ける

洗濯物を取り込んだ後、1枚1枚畳んでそれぞれの部屋に持っていく…という作業は非常に手間です。そのため、洗濯物を干す場所に家族で使えるファミリークローゼットを設けると効率的。洗濯物を取り込んだらその場所でたたんでそのまま収納することができます。しまう場所が1箇所になるため、家事の効率が大幅にアップします。

「使う場所」と「しまう場所」を1箇所に

何か物を使うとき、使う場所と収納する場所を1箇所にしておくと、物が散らからずに済むでしょう。このようにそれぞれの場所に収納を設けることによって、ものの定位置が定まりますので、必要なときに必要なものが見つからない、という状況を防ぐことができます。

片付けを嫌がる家族も、近くに収納場所があればスムーズに片付けをしてくれるのではないでしょうか。毎回片付けを行うことで、掃除も楽になります。

※インスタのフォロワー数は2020年1月15日時点のもの。

       

桑名市に対応している38社のハウスメーカー・工務店を徹底調査。そのなかで特にデザイン性と住みやすさを追求している注文住宅会社3社を厳選してご紹介します。

桑名市のおすすめ注文住宅会社3選へ